エスピリトゥ デ チリ グラン レゼルヴァ メルロー 2016

赤ワインは、お好きですか?

20200804_235010


自分は、白ワインとかスパークリングワインの方が好きなんですよね。
白ワインやスパークリングワインは飲みやすいですからね。
赤ワインの美味しさがどこにあるのかよくわかっていないってことかな。

エスピリトゥ・デ・チリ
このワインボトルのラベルの絵柄がなんとも可愛くてこのワインを買ってみようと思いました。
ラベルだけではなくてコルク栓をカバーしてあるところにも、ラベルと同じ絵柄がついているんですよね。

20200804_234833


ナスカの地上絵にありそうな絵柄なんですね。
ナスカの地上絵は、ペルーなんでチリではないんですよね。

エスピリトゥ・デ・チリ・グラン・レゼルヴァ・メルロー 2016

20200804_234041

  • 品名  ワイン ミディアムボディ
  • アルコール分  13%
  • 酸化防止剤  亜硫酸塩
  • 内容量  750㎖
  • 原産国  チリ
  • 輸入者  コルドンヴェール(株)

鶏の手羽元のトマト煮と合わせて飲んでみた

20200804_234129


ううぅ~ 

コルク栓が硬い


なかなかコルク栓が抜けなくてコルクが割れてしまうのではないかと思ったくらいでした。

20200804_234607


抜けたワインが染みたコルクを嗅いでみると甘いいい匂いがしました。
冷蔵庫で冷やしてあったことと、空気に馴染ませる意味で料理を作る前にコルク栓を抜いて部屋に置いておきました。
40分位置いてあったと思います。

グラスに注いでゆっくり回して空気に触れさせて、香りをきいてみる。
コルクで甘い香りを感じたのに、グラスに注いだワインからは甘い香りは感じられず、アルコールのツンとした香りがしていました。

口に含んだ時、鼻に抜けるアルコールの香りと下に感じる渋みと苦みを感じました。
渋みと苦み、タンニンは強くないですね。
酸味は軽い感じです。
アルコールの強さは感じますね。

正直、コクとか美味さがどこにあるのか良くわからないっていうのが、本当のところです。
赤ワインは、苦手でめったに飲まないんです。

でも、二十歳の頃ステーキハウスに勤めていた時には、赤ワインを時々飲んでたよな。
あの頃飲んでいたのは、十勝ワインとかサントネージュのワインでした。

ボトル半分飲んで、栓をして冷蔵庫に入れて翌日も飲んでみましたが、味に変化はありませんでした。
味が悪くなったわけでもなく、まろやかになったわけでもなかったです。
時間の経過とともにあまり変化しないタイプのようですね。

メルロー

メルローは、ブドウの品種でこのワインはメルローと言う品種のブドウで造られています。
メルローで造られたワインは、ミディアムボディのワインになるようです。
ミディアムボディのワインは、なめらかで飲みやすく、バランスのいい味わいが魅力だそうです。

レゼルヴァ RESERVA

スペインのワイン法 V・C・I・G以上のカテゴリーで、330ℓ以内のオーク樽で熟成させたワインに限り認められた熟成表記の一種
レゼルヴァとラベルに表記するためには、赤ワインは最低12か月の樽熟成とその後36か月以上の熟成が必要となります。
スペインやイタリアでは、このような規定があります。

しかし、チリでは規定がありません。
樽熟成を行っていなくても「スタンダードなワインよりも少し上のランクのワイン」と言う意味で名前が付けられているようです。
それに、このワインの名前に付けられている「グラン」とは高級なと言う意味があります。
「グラン・レゼルヴァ」と言う名前を見れば、クラスが上のいいワインではないかと感じますが。
ヴィンテージが2016年だから3年程寝かしてあるということでしょう。

20200804_233904


赤ワイの美味しさも少しは分かるようになりたいな。
赤ワインを嫌わずに飲んで行きたいと思っています。
ボルドーの赤ワインを買ってあるので飲んだら投稿します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

PS:鶏の手羽元のトマト煮について後日投稿します。

writing by rokuny

see you again !