上等梅酒 無添加本格梅酒

20200723_195756


ブルーと言うよりも、藍色の綺麗なボトル
上等梅酒は、酒屋さんでボトルを見て初めて知りました。

富山県在住の私ですと、加賀梅酒や立山梅酒のボトルを見たことはありました。
全国的には、チョーヤ梅酒とかメルシャンの梅酒とかが名前が通ってますか。

仕事柄、チョーヤ梅酒、メルシャン、加賀梅酒、立山梅酒をよく見かけます。
通販サイトで、ビールや飲料、アルコールを販売している会社で仕事をしているのですが、上等梅酒を見かけることはなかったです。

上等梅酒は、昔ながらの造りに徹した優しい味わい、純良な焼酎と糖類、ブランデー、蜂蜜、そして梅実だけを使っています。
上等梅酒は、香料や酸味などを一切使わない自然な美味しさ、創業当時の手造りの梅酒の味を今に伝えています。

  • 品目  リキュール(梅酒)
  • アルコール度  14度
  • 内容量  720㎖
  • 原材料  醸造アルコール ブランデー 糖類(国内製造) 蜂蜜
  • 醸造  本坊酒造(株) 鹿児島市南栄3-27


自然な味わい ワンランク上の無添加梅酒

香料、着色料、酸味料をいっさいつかわず、本物の梅実から生まれる香りと爽やかな酸味を生かし、むかしながらの自然な味わいを大切にしています。

より自然な梅の香りと爽やかな酸味を引き出すために、漬け込む梅実の量を多くし、ブランデー、蜂蜜をアクセントとして加えた柔らかく上品でふくよかな甘さの梅酒です。


星舎蔵(ほしやぐら)

星舎蔵⇒ほしやぐら 本坊酒造の「梅酒」の仕込み蔵

香料、着色料、酸味料を一切使わない無添加梅酒を主に製造しています。
本物の梅実から生まれ出る味わいを大切に「星舎蔵」ブランドの上質な梅酒の数々はこの蔵から作りだしています。
1か月もない短い収穫期間の中で、より良い梅実を得るために、生産者、卸業者と連絡を密にして、より高品質な梅実を得るための活動に力を入れています。

高価なブランド梅だけにこだわらず、その年の一番いい梅実を厳選して使っています。

20200723_195952



受賞・認定

受賞・認定

ISC2020 銅賞
2020年銅賞
ISC2019 銀賞
2019年銀賞
ISC2018 銀賞
2018年銀賞
ISC2017 銀賞
2017年銀賞

ISC2020(インターナショナル スピリッツ チャレンジ)銅賞受賞
ISC2018(インターナショナル スピリッツ チャレンジ)銀賞受賞
ISC2017(インターナショナル スピリッツ チャレンジ)銀賞受賞

【ISCについて】
ISC(International Spirits Challenge)はイギリスの酒類専門出版社「ドリンクス・インターナショナル」が主催するスピリッツを対象にした世界でも有数の権威を誇るコペティション。複数の部門に分かれて、銘柄名を隠したブラインドの状態で世界中の著名な専門家(各部門)が審査にあたり、受賞結果は世界の酒類関係者から注目される。

本坊酒造の梅酒は歴史が古く、ロングセラーを続けている「無添加梅酒」やワンラン

SWSC2018銀賞
2018年銀賞
SWSC2017銀賞
2017年銀賞
SWSC2016銀賞
2016年銀賞

SWSC2018(サンフランシスコ  ワールド スピリッツ コンペディション)銀賞受賞
SWSC2017(サンフランシスコ  ワールド スピリッツ コンペディション)銀賞受賞
SWSC2016(サンフランシスコ  ワールド スピリッツ コンペディション)銀賞受賞

【SWSCについて】
SWSC(San Francisco World Spirits Competition)は米国最大かつ最も権威のある国際スピリッツコンペティションです。 審査は一流の審査員団のブラインドテイスティングにより厳格に行われ、金メダル、銀メダル、銅メダルの商品が選出されます。
更に各部門最高評価の商品には最高賞が与えられます。


ク上の「上等梅酒」など、その品質を継承していくことを第一に、そして、ただ継承

IWSC2018銀賞
2018年最高銀賞

IWSC2017銀賞
2017年最高銀賞

IWSC2016銀賞
2016年銀賞

IWSC2014最高銀賞
2014年最高銀賞

IWSC2018(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)最高銀賞受賞
IWSC2017(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)最高銀賞受賞
IWSC2016(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)銀賞受賞
IWSC2014(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)最高銀賞受賞

【IWSC2014年 審査員 テイスティングコメント】
Fresh, ripe plum and hints of honey on the nose. Ripe but delicate plum flavours with hints of crushed almond. Delicate flow. Great balance of sugar, balance and clean alcohol. Lively and fresh and all very clean.

【日本語訳】
鼻に抜ける鮮烈な、完熟プラムとほのかな蜂蜜。完熟していながら繊細な梅(プラム)とかすかなクラッシュアーモンドの香り。繊細な口当たり。 甘さとアルコールの素晴らしい調和。フレッシュで躍動感のある素晴らしい味わい。

【IWSCについて】
1969年にイギリスで設立されたIWSC(International Wine & Spirits Competition)は、世界で最も歴史があり欧州最大のアルコール飲料専門の品質・味覚競技会で、ワイン、スピリッツ(焼酎含む)、リキュールの世界で、最も権威のあるコンペティションの一つです。
選考は、世界中から集まった著名な審査員によるブラインド・テイスティングと化学的な分析で行われ、各カテゴリー別に「産地」「種類」「スタイル」「ヴィンテージ」などに分類され、金・銀・銅賞が授与されます。その中で最も高い得点のお酒には「ベスト・イン・クラス」や「アウトスタンディング」の称号が与えられます。

するだけではなく、お客様の目線に沿った新しいタイプの梅酒にも挑戦する継承と革新を心掛け、数々の賞を受賞しています。

全国梅酒品評会 2018 ブランデーブレンド梅酒部門 金賞
2018年金賞
全国梅酒品評会 2017 ブランデーブレンド梅酒部門 銀賞
2017年銀賞
全国梅酒品評会 2016 ブランデーブレンド梅酒部門 銀賞
2016年銀賞

全国梅酒品評会 2018 ブランデーブレンド梅酒部門 金賞
全国梅酒品評会 2017 ブランデーブレンド梅酒部門 銀賞
全国梅酒品評会 2016 ブランデーブレンド梅酒部門 銀賞

全国梅酒品評会について
全国梅酒品評会実行委員会が主催する梅酒専門の品評会。審査は銘柄や醸造元を隠したブラインド方式で行われ、日本を代表する食と酒の第一人者が審査員を務める。7種類(醸造アルコール梅酒・本格焼酎梅酒・日本酒梅酒・ブランデーブレンド梅酒・柑橘系ブレンド梅酒・ブレンド梅酒・にごり梅酒)のカテゴリーに分類され、外観・香り・味・バランスについて審査し、金銀銅を決定します。
各賞の基準は金賞:日本一級のレベルに達している梅酒・銀賞:卓越した梅酒・銅賞:優れている


上等梅酒を飲んでみた

20200723_195919


まず感じたのは、飲みやすい!
この梅酒は、美味しい!
ということです。

香りは、梅酒の甘みとさんみを感じさせてくれる。
かろやかな梅酒の香りがいいですね。

甘すぎず、酸味も聞き過ぎていないサラリとしてコクがある梅酒です。
アルコールのとがった感じがなくて、リキュール臭さもない美味しい梅酒です。
2年、3年と寝かした梅酒だったらもっとコクと丸みがでて美味しいのだろうなと思わせてくれる梅酒ですね。

ビール、焼酎、ウイスキーとは違った「梅酒」
私は、オンザロックで楽しんでいます。
食前酒や食後のお酒として楽しんでみてはいかがですか。


最後までお読みいただきありがとうございました。

writing by rokuny

see you again !